まほろば通り街づくり協定書
(目的)
第1条 / この協定は、第5条に定める区域内において、店舗、併用住宅及び一般住宅等の建築物等、及びその敷地(以下「建築物等」という。)の整備に関する事項、その他を協定し、調和のとれた潤いのある街づくりを積極的に進めることを目的とする。
.
(名称)
第2条 / この協定は、まほろば通り街づくり協定(以下「協定」という。)を称する。
.
(協定の締結)
第3条 / この協定は、第5条に定める区域内の建築物等の所有者及び賃借権及び地上権を有する者(以下「所有者等」という。)の2/3以上の同意により締結し(以下協定を締結した者を「協定者」という。)、基本的に協定締結以後に所有権となった者に継承する。
.
(協定の変更・廃止)
第4条 / この協定に係わる協定区域、建築物等の整備に関する事項その他の事項を変更若しくは廃止しようとするときは、協定者の2/3以上の合意によらなければならない。
.
(協定区域)
第5条 / 協定区域は、別図に示す区域とする。
.
(協定事項)
第6条 / 協定事項は、建築物等の位置、形態、意匠、色彩等その他について別表(まほろば通り・街づくり協定基本方針)に定める事項とする。
.
(建築物等の維持管理に関する事項)
第7条 / 協定事項に沿って整備された建築物等については、協定事項のとおり維持されるよう管理に努めることとし、それ意外の建築物等については、協定事項に規定する内容を目標として維持修繕に努めることとする。
.
(地区施設等の維持管理について)
第8条 / 高畠町が街なみ環境整備方針事業等に基づいて整備した地区施設等について、別の管理協定等により協定者が維持管理を行うこととされた場合、当該協定者は適正な維持管理に努めるものとする。
.
(委員会)
第9条 / 協定の運営に関する事項を処理するため、まほろば通り街なみ委員会(以下「委員会」という。)を置く。委員会の規定は別に定める。
.
(事前協議)
第10条 / 協定者が建築物等について次に揚げる行為を行うとする場合は、協定事項に配慮するとともに、委員会と事前に協議しなければならない。
.
(1)新築(2)増築(3)改築(4)外観の大規模な模様替え(5)外観の大規模な色彩の変更(6)屋外広告物の設置(7)門、堀、生け垣等の設置(8)建築設備等
.
(審査・助言)
第11条 / 委員会は、前条の事前協議があったときは、委員会が設置する建築審査会では協定事項に基づき、審査し、助言するものとする。
(協定の有効期間)
第12条 / 協定の有効期間は、第7条及び第8条に定める地域内の建築物及び地区施設等の維持管理の必要性を勘案して委員会が決める。
.
(補則)
第13条 / この協定に定めるものの他、必要な事項は委員会において別に定める。
.


 ●まほろば通り

     街づくり周辺地図
まほろば通り商店街 まほろば通り商店街

もどる